写真展『ゾンビの肖像』(2014)






Kindle版写真集改訂版
発売中です。

2014年7月27日までに撮影した
全523ゾンビポートレートを収録した
驚きの532ページの写真集です。 
是非、お買い求め下さい。

★旧版をお持ちの方は、amazonへの簡単な手続きで
最新版がダウンロードされます。
詳しくはこちら


Kindle本の容量制限が大幅に緩和されました。
初版の時は、337枚の写真をjpgのクオリティを少し下げて
なんとかぎりぎりで容量いっぱいに収めていましたが、
改訂版ではすべての写真をjpgの最高画質にて収録しています。
画面の大きなタブレット端末をお持ちの方は
特におすすめです。 






   "PORTRAITS of ZOMBIE in TOKYO"  (2014)

デザイン 永井翔

●『ゾンビの肖像』の写真について

東京六本木ミッドタウンの向かいにある小さなバーが、毎月最終日曜日にゾンビバーとなります。店のゾンビスタッフとほとんどの来場客が500円のメイクチャージを支払いゾンビと化して酒を酌み交わし、毎回異様な盛り上がりを見せています。
2013年の2月から11月まで、このゾンビバーでポートレート撮影を行いました。
(Hasselblad H3DⅡ-39 80ミリ リングストロボ 白バックにて撮影)
ゾンビメイクを施された『普通の人々』が、まるで私が仕事で撮影している俳優やモデルのように堂々とレンズに飛び込んでくることに、とても感動しました。
この写真作品の裏テーマは『普通の人々』の肖像です。
写真には物理的な表層しか写りませんが、簡単なゾンビメークで覆い隠したはずの内面が逆効果と思える程に浮かび上がってくる不思議な肖像写真群になっています。
そしてこの写真達は、2013年に東京に存在した人間達の記録でもあります。
337枚の『普通の人々』の写真達に囲まれて、写真の持つ奇妙な力をより多くの方に感じて頂きたいと強く願っています。
是非、宣伝して下さい。リンクして下さい。
そして、お誘い合わせのうえ、この写真達を見に来てください。
20年にわたり人物写真で飯を食ってきた私でさえ、自分が撮った写真の塊を前にして言葉を失うこの感覚を是非とも味わって下さい。
御来場、お待ち申しあげます!

●中山達也写真展『ゾンビの肖像』

32×44cm 337 color prints

Date:2014年1月7日(火曜日)〜1月19日(日曜日)
           Tuesday,Jan 7,~Sunday,Jan 19,2014
   12:00~20:00 月曜休廊 (closed on Monday)
   入場料500円 Admission ¥500-
   ★初日1月7日18:00~20:00オープニングパーティ
Place:ギャラリー新宿座 
             ℡03-3356-8668 新宿区新宿4-4-15
              http://shinjukuza.jp/
協賛:ピクトリコ


●Kindle版電子写真集『ゾンビの肖像』世界同時発売!! 
  Kindle version Photo-Book "PORTRAITS of ZOMBIE in TOKYO" 
  World simultaneous sale!!



米国 http://www.amazon.com/dp/B00HP57J9S
インド https://www.amazon.in/dp/B00HP57J9S
英国 https://www.amazon.co.uk/dp/B00HP57J9S
ドイツ https://www.amazon.de/dp/B00HP57J9S
フランス https://www.amazon.fr/dp/B00HP57J9S
スペイン https://www.amazon.es/dp/B00HP57J9S
イタリア https://www.amazon.it/dp/B00HP57J9S
ブラジル https://www.amazon.com.br/dp/B00HP57J9S
カナダ https://www.amazon.ca/dp/B00HP57J9S
メキシコ https://www.amazon.com.mx/dp/B00HP57J9S
オーストラリア https://www.amazon.com.au/dp/B00HP57J9S

●About “Portraits of Zombies”

There is a small bar in Roppongi, across from the Midtown complex, which on the last Sunday of every month turns into a Zombie Bar. The staff all become zombies and nearly all of the customers choose to pay the ¥500 make-up charge to be transformed into zombies. Every month is a completely different sort of happening as the staff and customers share drinks and the fun of being zombies.

From February to November 2013, I made photographic portraits in the Zombie Bar, using a Hasselblad H3DⅡ-39, 80 mm ring-flash and a white background. I was so impressed at how these ordinary people, all done up in zombie make up, lurched towards my lens as if they were professional actors and models. On the surface the theme of these photographs may seem to be Zombies,” but I would say that the deeper theme is actually “Ordinary People.”

A photograph can only capture the superficial physical layer. You would think that simple makeup would only further shroud the subjects, but somehow, strangely, the makeup seems to draw out the inner selves of the subjects in this oddly wonderful series of portraits. The photographs are also a record of people who were living in Tokyo in 2013.

My hope, in organizing this exhibition, is that as many people as possible will feel the strange power of the photograph while standing in a room surrounded by 337 photographs of these “Ordinary People.”

Please spread the word. Feel free to link to this page. Come with your friends to see these pictures. I want you to experience what I have experienced – even I who has earned my living taking photographs for the last 20 years –which is to say a total loss of words in front of these photographs which I have taken.
Do come – I look forward to meeting you.










関連ポスト
『ゾンビの肖像』を終えて